第二新卒はいつまで?一般的な中途採用との違いを転職エージェントが解説

インタビュー

第二新卒はいつまでか知っていますか?年々転職市場でも注目度が高まっている第二新卒。求人サイトで「第二新卒歓迎」という記載も目立つようになりました。しかし、一体いつまでの時期が第二新卒に該当するのでしょうか。今回は、そんな第二新卒にまつわる疑問を転職エージェントが解説します。

第二新卒はいつまで?

第二新卒は、一般的に、新卒で入社後1〜3年以内までの時期を指しています。年齢で考えると、四年生大学の場合、大体24〜26歳までの方です。しかしながら、実は第二新卒という言葉に明確な定義はありません。法的に定義されている言葉ではないため、辞書、転職サイト、企業によって、解釈が若干バラついているのです。

そのため、企業によっては新卒で入社後4、5年経っている場合でも、第二新卒として受け入れるケースもあります。また、マイナビ転職は「学校を卒業後1〜3年で、転職または就職を志す若年の方々」を第二新卒と定義しています。入社後4年以上経過している方が第二新卒求人に応募する際には、求人を出している企業や求人サイト、エージェントに確認した方が確実ですね。

ポイント
  • ✓ 第二新卒とは、「入社後1〜3年以内のまでの時期の方」を指す
  • ✓ 第二新卒の定義は、企業や転職サイトによって多少のバラつきがある

そもそも、なぜ第二新卒という言葉があるの?

第二新卒とは、「新卒」と「社会人」の中間的存在を定義するために生まれた言葉です。一から教育が必要な「新卒」でもなく、即戦力としての活躍を期待する「社会人」でもない。

この2つの間、つまり、「即戦力とまではいかないものの、ビジネスマナーなどの社会人としての基礎的な力は身に付いている」層を指し示すために、第二新卒という言葉が生まれました。

一般的な中途採用との違い

一般的な中途採用と第二新卒採用との明確な違いは、即戦力採用か否かです。一般的な中途採用で求められるものは、これまでの経験を活かし、即戦力としてすぐに結果を出せる力です。

一方、第二新卒採用で求められるものは、ビジネスマナーなどの社会人としての基礎的な能力と、将来的に活躍してもらえるであろうポテンシャルです。

一般的な中途採用:これまでの経験を活かし、即戦力としてすぐに結果を出せる力

第二新卒:ビジネスマナーなどの社会人としての基礎的な能力と、将来的に活躍してもらえるであろうポテンシャル

そのため、第二新卒採用においては、「やる気や熱意」「なぜこの企業に入りたいか」といった、新卒採用に近い面接が行われます。もちろん、社会人としての基礎的な能力が身に付いていることが前提のため、「新卒」よりは期待度が高いです。しかし、即結果が求められる訳ではなく、中長期的に活躍してもらえるであろうポテンシャルを企業は求めています。

新卒で入社後1〜3年の時期の第二新卒に該当する方が転職する際には、通常よりも多くの選択肢があります。

例えば、自分の経験を活かしキャリアアップを狙う方は、即戦力の中途採用として、別業界・別職種などにキャリアチェンジを狙う方は、第二新卒採用として転職できます。

今、企業が第二新卒を求める3つの理由

そんな第二新卒ですが、年々、企業からの注目度が高くなってきています。実際に求人サイトを見てみると、エン転職では掲載求人の70.7%、マイナビ転職に至っては掲載求人の84.9%の応募要領に、第二新卒が記載されております。(2019年1月6日時点)

なぜ、今、企業は第二新卒を求めているのか?それには、大きく3つの理由が挙げられます。

①新卒の売り手市場と早期離職

近年、景気回復と共に新卒採用が激化しており、多くの企業で十分な人数の新卒を採用することが困難になってきています。また、2018年に厚生労働省が行った調査では、新規大卒就職者の32.2%が3年以内に離職しているという統計が出ており、第二新卒層は不足しがちの状況なのです。

加えて、少子化の流れもあり、今後ますます若手の採用が難しくなっていくと予想されています。そのため、長期的な人材育成の観点からも、第二新卒層は重宝されているのです。

②育成コストと現場着任の早さ

一度社会人経験を経ている第二新卒は、すでにビジネスマナー等の社会人としての基礎的な力が身に付いています。そのため、企業には、研修や教育などのコストをかける必要がないというメリットがあります。

また、卒業を待たなければならない「新卒」に対し、第二新卒は入社時期が柔軟なことも、企業にとってはメリットです。「新卒」と変わらないポテンシャルを持ちながら、早期に現場に着任し、低コストで戦力として育てられる存在として、企業は第二新卒層を求めています。

③柔軟性

中途採用の現場でしばしば起こるのが、ミスマッチです。社会人歴を重ねてきた方々は、前職の独特な企業風土や仕事の仕方が身に付いてしまっていることがあります。そうすると、なかには転職後に新しい企業に馴染むことができず、早期離職に繋がるケースも…。

一方、第二新卒層は、前職での経験が浅く、企業カルチャーに染まっておらず、柔軟性・適応能力が高い存在のため、中途採用と比べミスマッチが起きにくいとされています。

また、第二新卒は新卒の時に企業選びを失敗してしまった経験を持つ方が多くなります。その反省を踏まえ、自身とマッチした企業を慎重に選ぶ傾向が高く、企業側にとっても歓迎されやすいです。

まとめ

まとめると、本記事でお伝えしたいポイントは大きく3つです。

①第二新卒とは、明確な定義はないものの、一般的には入社後1〜3年目まで、年齢でいうと大体24〜26歳くらいまでの方のこと。

②第二新卒に該当する方には、即戦力としてキャリアアップを狙う中途採用や、キャリアチェンジを狙う第二新卒採用など、多様な選択肢がある。

③新卒採用の困難化や新卒社員の早期離職問題、また第二新卒の持つ特性から、現在、企業間で第二新卒採用ニーズが高まっている。

第二新卒の時期に該当する方には、多様なチャンスが広がっています。今の会社で引き続き頑張ること、キャリアアップを目指して中途採用を狙うこと、キャリアチェンジを目指して第二新卒採用を狙うこと。

いずれにせよ、「自分に嘘をつかず、本当にやりたいことをやる」ことが大事なことではないでしょうか。多様なチャンスがある第二新卒の時期だからこそ、じっくり考えることが必要かもしれませんね。

一度きりの人生、そして、一度きりの第二新卒というタイミング。
第二新卒の方々のキャリア選択が良いものになることをお祈りしております。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。