第二新卒の定義とは?該当する人数規模についても転職エージェントが解説

考える女性

第二新卒の定義とは何でしょうか?転職市場で年々注目度が高まっている第二新卒。では、第二新卒とという言葉はどのように定義されているのでしょうか。既卒との違いは?そして、第二新卒と定義される方はどれくらいいるの?そんな第二新卒にまつわる疑問を転職エージェントが徹底解説します。

第二新卒の定義とは?

結論から述べると、実は「第二新卒」という言葉に明確な定義はないです。なぜなら、法的に定義されている言葉ではないため、辞書、転職サイト、企業によって解釈が若干バラついているのです。

しかし、一般的には、おおよそ新卒で入社後1〜3年以内に離職されたor転職を目指す方のことを指します。年齢で考えると、四年制大学卒業の場合、大体24〜26歳の方々が当てはまるとされています。それではなぜ、法的に定義されておらず、解釈にもバラつきのある「第二新卒」という言葉が転職市場で使われているのでしょうか。

そもそも、なぜ第二新卒という言葉があるの?

第二新卒とは、「新卒」と「社会人」の中間的存在を定義するために生まれた言葉です。一から教育が必要な「新卒」でもなく、即戦力としての活躍を期待する「社会人」でもない。

この2つの間、つまり、「即戦力とまではいかないものの、ビジネスマナーなどの社会人としての基礎的な力は身に付いている」層を指し示すために、第二新卒という言葉が生まれました。

既卒との違いは?

第二新卒とよく混同される概念として、「既卒」という言葉があります。「既卒」とは、一般的に大学卒業後、正規雇用での就労経験が無い方指します。つまり、第二新卒と「既卒」の明確な違いは、大学卒業後の正規雇用経験(社会人経験)の有無となります。

しかし、最近ではこの「既卒」も第二新卒に含めて定義するケースもあります。例えば、マイナビ転職における第二新卒の定義は、「学校を卒業後1〜3年で、転職または就職を志す若年の方々」としています。

第二新卒の市場規模

2018年に厚生労働省が実施した調査では、新規大卒就職者の32.2%が3年以内に離職しているという統計が出ています。人数規模で言うと、第二新卒の解釈に該当する方々は、毎年大体11〜14万人存在することになるます。(下記グラフ参照)

出典:厚生労働省『新規学卒就職者の在職期間別離職率の推移』を参照しNew Job 20’sが作成

若者の主な離職理由と転職に関する意識

若者の初職の離職理由をみてみると、「仕事が自分に合わなかったため」が43.4%と最も高く、次いで、「人間関係がよくなかったため」23.7%、「労働時間、休日、休暇の条件がよくなかったため」23.4%となっております。

  1. 仕事が自分に合わなかったため:43.4%
  2. 人間関係がよくなかったため:23.7%
  3. 労働時間、休日、休暇の条件がよくなかったため:23.4%

仕事内容や条件面でのミスマッチが大きな原因になっているため、採用段階でのミスマッチがまだまだあるといえるのではないでしょうか。


出典:内閣府『平成30年度版 子供・若者白書』

転職に関する意識調査を見ると、転職に否定的な人は17.3%しかおらず、多くの人にとって、転職は当たり前になっていると言えます。そのため、これからさらに第二新卒と定義される方は増えていくかもしれません。

出典:内閣府『平成30年度版 子供・若者白書』

まとめ

まとめると、本記事でお伝えしたいポイントは大きく2つです。

①第二新卒とは、明確な定義はないが、新卒と社会人の中間的存在で、一般的には新卒で入社後1〜3年以内に転職する方のこと。

②第二新卒の解釈に該当する人数は、毎年約11〜14万人存在する。

少子化で労働人口が減少してきている日本においては、第二新卒市場は決して小さい市場ではありません。もちろん、企業側もこの市場に対して注目しており、エン転職では掲載求人の70.7%、マイナビ転職に至っては掲載求人の84.9%の応募要領に、第二新卒が記載されております。(2019年1月6日時点)

第二新卒の転職は、決して珍しくはありません。言い方を変えれば、第二新卒はキャリアチェンジができるラストチャンスの層でもあります。もし、現在就業している企業と大きなミスマッチを抱えているのであれば、恐れずに一歩を踏み出すことも大事かもしれませんね。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。