転職の求人が多い時期はいつ?【転職エージェントがわかりやすく解説】

転職の求人が多い時期はいつ頃か知っていますか?そもそも、求人の多い時期が転職活動に適した時期なの?そんな疑問に、転職エージェントがわかりやすく解説します。

求人の多い時期はいつ?

転職市場では、主に、2〜3月、9〜10月に求人が増加します。その理由は、多くの企業で年度が切り変わるor下期がスタートする時期のため、このタイミングで、人事異動や退職者の補填、新規事業の立ち上げなどの、人材を必要とするニーズが高まるからです。

求人の多い時期に転職活動をするメリット・デメリット

メリット

①求人が増えるため、自分の希望に合った求人と出会える可能性が上がる。

②この時期の求人は、通年募集している求人と比べ、企業の採用意欲が高い。

通年募集の求人は、「良い人がいれば…」というスタンスの採用であるのに対し、この時期の求人は、上期・下期のスタートに間に合わせる緊急性の高い求人です。採用納期に合わせるため、採用ハードルに達していない場合でも採用するケースが多いです。

デメリット

①ライバルが多くなる

求人の増える2〜3月、9〜10月の時期は、転職者も増え、ライバルが多くなります。区切りの良い4月や10月に入社できることに加え、現職でボーナスを貰った後に転職できるため、多くの転職者が動き出す時期でもあります。

転職活動に適した時期

転職活動に適した時期は、何を重視して転職をするのかによって変わってきます。例えば、多くのの求人を比較しながら転職活動を行いたい方は、求人の増加するタイミングが転職に適した時期です。ひとにより適した時期は変わるので、3つに分けて解説します。

  1. 興味のある企業・魅力的な求人を基準に考える
  2. 現職の状況から考える
  3. 入社時期から考える

①興味のある企業・魅力的な求人を基準に考える

すぐに転職をする予定のない方は、「興味のある企業や、魅力的な求人と出会ったら転職活動を開始する」というゆっくりとしたスタンスでも問題はないです。求人が増加する時期以外でも企業は採用活動を行います。また、急な退職などによって突発的に良い求人が出回ることもよくあります。

しかし、ずっと待ちの姿勢となると、運の要素が強すぎるので、「いずれ転職したい」と思っている方は、普段からこまめに転職サイトを確認した方が良いでしょう。

求人が増加するタイミングだけでも、転職サイトに登録するなど、自分から能動的に探しに行かなければ、中々良い求人と出会うことは難しいです。

②現職の状況から考える

仕事が一区切りしたタイミング

仕事やプロジェクトに一区切りつけてから転職活動を行う方は多いです。結果を出すことが出来ていれば、自身の市場価値をより高められることにもなります。また、途中で放り出すのではなく、しっかりと仕事を終わらせた経験やその姿勢は、面接でも評価ポイントになることが多いです。

もちろん、現職の人間関係や職場環境に耐えられない方は、仕事の区切りなど関係なく転職活動を開始するべきです。自分自身の状態や、仕事の状況を見て、余裕があれば、「仕事の区切り」という要素も転職時期に入れると良いでしょう。

ボーナスが支給されたタイミング

ボーナスは、これまで自分が頑張ってきた成果が反映される大切な機会です。「ボーナスを貰ってから転職したい」と思うことは、決して悪いことではありません。実際に、ボーナスが支給される6月や12月以降に転職者の数は増加し、企業もその時期を狙って採用活動を行います。

気をつけるポイントは、ボーナスを重視するあまり、適切な転職の機会を逃してしまうことです。そうなってしまえば、本末転倒。自分にとって、何が一番大切なのかをじっくり考えて転職活動を行う必要がありますね。

③入社時期から考える

転職者にとっては、入社時期も重要な要素になります。入社時期としておすすめなのが、4月入社と10月入社です。

4月入社のメリット

①同期が多くなる

②特に年齢の近い新卒の新入社員と同期になることで、悩みの共有・相談がしやすい

③新入社員が多い時期のため、会社全体が社員をフォローする体制になっている

10月入社のメリット

①中途入社の同期が多くなる

②年齢もバラバラで様々な経験を積んできた人たちと同期になることで、視野が広がる

まとめ

本記事でお伝えしたかったポイントは、大きく2点です。

①求人の増える時期は、2〜3月と9〜10月

②求人の増える時期が必ずしも転職活動に適した時期ではない

転職活動を行う前に、何を重視して転職活動を行うのかを考えることが大事となります。
最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。